Stool 60ー Artek(アルテック)


1935年に完成したアルヴァ・アアルト設計の ヴィープリ図書館に初めて設置されたスツール60。アルテック社の創業以来、800万脚以上もの売り上げを誇るロングセラーのスツールは時代を経ても不変の美しさを実感します。

無垢の脚部は曲げる部分のみを差し込み成型された世界で唯一の製法を誇る技術です。スタッキングも可。


           ―Butterfly stool―

              バタフライスツール

 

蝶が羽を広げ飛んでいるかのようなフォルムがその名の由来となっている、柳宗理デザインのバタフライスツール。

また、正面からのフォルムが“天”という漢字や神社の鳥居を連想させるという、いかにも日本的な情緒も持ち合わせています。

同一の成形合板を2枚左右に組み合わせ、1本の金属棒で連結するというシンプルな構造のこのスツールは、1956年の発売以来、ジャパンを代表するデザインとして、国内だけにとどまらず海外でも非常に高い評価を受けています。

現在、世界各国の著名な美術館に収蔵されており、さらに、ニューヨーク近代美術館(MOMA)や、パリのルーブル美術館ではパーマネントコレクション(永久所蔵品)として選定されています。

 

|柳宗理

1915-2011 昭和-平成時代のインダストリアルデザイナー。
大正4年6月29日生まれ。柳宗悦(むねよし)・柳兼子(かねこ)の長男。柳宗玄(むねもと),宗民(むねたみ)(園芸研究家)の兄。昭和17年坂倉準三建築事務所にはいり,フランスのデザイナー,ペリアンの助手をつとめる。27年の日本インダストリアルデザイナー協会の創立,35年東京での世界デザイン会議の開催にかかわる。53年日本民芸館館長。平成14年文化功労者。平成23年12月25日死去。96歳。東京出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。代表作に椅子「バタフライスツール」,札幌冬季五輪聖火台など。

 

         ―Elephant stool―

          エレファントスツール

 

象脚スツールは1954年にデザインされ、1956年、当時FRP製品の研究開発を行っていた株式会社コトブキから発表されました。以来、1957年、ミラノトリエンナーレ出品、1966年、アムステルダム美術館「椅子の50年史展」にバタフライスツールとともに選出され、1970年の大阪万博ではパビリオンで使用されるなど、日本のインダストリアルデザインを代表する名作として国内外で高い評価を受けてきました。デザインから50周年を迎えた2004年、環境に配慮し素材をポリプロピレンに変更してVitra Design Museumから再復刻されました。簡素で時代を感じさせないデザインは、「作品の質を長続きさせる」というデザイナーの意図を忠実に表現しています。

 

|柳宗理 Sori Yanagi

1915-2011 昭和-平成時代のインダストリアルデザイナー。
大正4年6月29日生まれ。柳宗悦(むねよし)・柳兼子(かねこ)の長男。柳宗玄(むねもと),宗民(むねたみ)(園芸研究家)の兄。昭和17年坂倉準三建築事務所にはいり,フランスのデザイナー,ペリアンの助手をつとめる。27年の日本インダストリアルデザイナー協会の創立,35年東京での世界デザイン会議の開催にかかわる。53年日本民芸館館長。平成14年文化功労者。平成23年12月25日死去。96歳。東京出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。代表作に椅子「バタフライスツール」,札幌冬季五輪聖火台など。

 

DAX.
DAX.

―Eames Shell Chairs―  HermanMiller

  イームズ シェルチェア

 

|新素材と新技術を追求して生まれたデザイン

1948年、ニューヨーク近代美術館が開催したローコスト家具デザイン国際コンペの為にデザインされ、1950年にハーマンミラーによって製品化されたイームズシェルチェアは、第2次世界大戦中に開発されたプラスチック成型技術により大量生産が可能となった初めてのプラスチック製の椅子となりました。

イームズ夫妻が追求したのは、素材の特性をありのままに表現したデザイン。プラスチックが身体の曲線にフィットするオーガニック(有機的)なシーシェルを作ることができる素材と確信していました。時代を超えてなお斬新で質の高いデザインは、今も様々な空間で「すわり心地のよい椅子」として親しまれています。

 

|チャールズ&レイ・イームズ

チャールズ・イームズは、ワシントン大学で建築を学んだ後、建築業務を開始。ミシガンのクランブルック芸術アカデミーの設立にも関わり、この時期にエーロ・サーリネンと共に開発したモダンファニチャデザインは、ニューヨーク近代美術館主催のコンテストで2つの大賞を受賞。1941年レイと結婚。夫妻が開発した成型合板家具を1946年、ハーマンミラーが販売を開始。それ以来、イームズ夫妻とハーマンミラーは確固たるパートナーシップを築いています。 

―オーチェア  OH CHAIR―   umbra (アンブラ)

 

世界的にも最も注目されているプロダクターの1人、カリム・ラシッドによってデザインされたスタッキングチェアー。美しい流線型のフォルムで包まれるような感触は長時間でも快適な座り心地です。ダイニングチェアー、屋外、オフィス、カフェ等多くの場面で活躍できます。

 

1999年カナディアンインテリア賞でBest of Canada Design受賞